サービス公務員

2016-9-12 未分類

政治系公務員については、選挙という特殊な過程を経なければ就職をすることが出来ないものですが、そうではない公務員になる場合には選挙は必要ありません。ここでは、教師になる場合のケースを例に取り、より一般的な公務員になるためにどのようなことをする必要があるのかについて紹介します。まず最初に必要となるのが「資格の取得」です。これについては、職業によって必要な場合とそうでない場合があります。教師の場合には「教員免許」が必要となりますが、警官の場合には特に必要な資格があるわけではありません。医師については医師免許が必要ですが、研究者には免許が必要ない、という具合です。事前に自分がなりたい職業に資格が必要かどうか、あるいは必要ではないとしても活用できる資格がないかどうかを確認しておくのがよいでしょう。

資格を持っていることによって「受験資格」が得られます。まずは第一次試験としての筆記試験を受験することになります。筆記試験においてはその職業に関する専門的な知識と、公務員として持っておかなければならない教養的な知識が問われることになります。一次試験を通過すると、面接としての二次試験が行われ、こちらを突破すると就職出来ます。

アーカイブ